ロゴ

クラスの特色

普通クラス

 本校の教育課程の特色は、1年次は共通科目を中心として学習し、その基礎の上に2・3年次で個々の進路希望に応じた教科・科目の選択ができることです。

 2年次では、文系と理系の2つの類型に分かれ、さらに3年次では具体化される進路に応じて大幅な自由選択ができるように工夫してあります。

 たとえば、文系・理系ともに、国立大学のセンター試験で必要とされる5教科7科目の受験に対応するとともに、私立大学受験にも対応しています。

 また、英語は重点教科として3年間で16単位から20単位まで履修可能であり、早い時期からの実力養成を目指しています。

 

特進クラス

 特進クラスは、平成21年に難関国公立大学に合格できる生徒の育成をめざし設置されました。本校合格後に希望者を募って編成します。

1.定員

 40人1クラスです。(原則として3年間同一クラス)

2.選抜方法

 国公立大学への進学を希望する生徒を対象とします。本人の希望を考慮しながら、高校入試の結果などを踏まえて選抜します。

3.特徴

 国公立大学受験に必要な教育課程が編成されています。普通クラスに比べて1・2年次には英語の授業時間数、3年次は文系で英語、理系で地理の授業時間数が1時間多くなります。

 長期休暇中の希望補習への参加や土曜補習への積極的参加、その他特進クラスの行事が多数用意されています。

トップページへ