鍾駿祭一般公開

6月4日

文化の部も2日目となり、展示の運営にも慣れてきたところで外からお客様を迎えます。

一度体育館に全員集まり、客人を迎えることの心構えをみんなで確認しました。

数学部は伝統のマッチ計算。

音楽部は音楽室をライブハウスにして、全バンドがこれまで練習してきた曲を披露しました。3年生はこれで引退となります。

3年生は模擬店でクラスの一体感をみせます。
普段授業を受けている教室が、この日ばかりは世界のどこかの街角のマーケットのようになっていました。

廊下も華やかに飾ります。

全員でTシャツを揃えてお迎えします。

2年生は体験型のアトラクションを。

文化部にとって、鍾駿祭こそ普段の活動の成果を見てもらうまたとない機会です。普段から人知れずせっせと写真を撮り貯めている写真部員たちが、ここぞとばかりに展示しています。その甲斐もあり、投票で文化部展示部門第1位を獲得しました。

これを目当てに足を運んでくださる方もおられるとうかがっています。毎年おなじみ、自然科学部の目玉企画、金魚すくい。鍾駿祭も「お祭り」ですから。

今年からそれぞれのフロアに投票箱が設けられました。票を投じてくださったみなさま、ありがとうございます。

一般公開時間が終了し、学校がまた、学校に戻りました。体育館に集合し、エンディングを迎えます。実行委員会の各部門長が挨拶を述べました。みんな、それぞれに苦労があったと思います。おつかれさま。

最後は教頭から文化の部の総括。これを聞いて、みんなしみじみ振り返ります。