毎年恒例、1年生による、

2月2日

毎年恒例となっている1年生の百人一首大会が体育館で開催されました。本来は2週間早く、いわゆる「年始行事」としての計画だったのですが、その週には多くのインフルエンザ感染者が出ており、時期をずらしての開催となりました。

選りすぐられた和歌に触れることで趣を感じます。

こういう行事にやたら強い人というのはいるものです。

だんだん札も減っていき、自然と頭が接近します。普段はそれぞれ違うクラスで勉強している人たちと、これほど親密な時間を共有するのは何物にも代え難い気がします。

前回の1年生独自の体育大会もそうですが、これも全て各クラスの委員長と副委員長たちの手で企画・運営がなされました。総括の言葉も生徒で行います。

さらに、学年主任の言葉もありました。丁寧な企画です。

 学年主任「百人一首は誰が編纂したか知っていますか?」

意外と一般の方でも知らなかったりしませんか。藤原定家だそうです。皇族筋からの命によって編纂したのかと思いきや、実は武人・宇都宮頼綱からの依頼で選んだそうなのです。つまりは歌人仲間からの「君がベスト和歌を100首選ぶとしたらどれを選ぶ?」という問いに対する答えだったようです。それほどまでに藤原定家は和歌のセンスを周囲から認められており、本人が当然のこととして百人一首に加えた自身の歌は確かに素晴らしいものがあります。五感を刺激します。