鍾駿夢講座

10月16日

今では遠方からも来場者を集める沼津港深海水族館の館長であり、海の生物を世界に届ける会社、ブルーコーナー社長の石垣幸二さんが講演をしてくださいました。(写真はあいさつをする本校校長。)

講演に先立ち、校長に続いて同窓会長からあいさつがありました。この講演は同窓会のお力添えあってのことなのです。これまでも鍾駿夢講座では広く活躍される素晴らしい方々にお越しいただきましたが、今回の石垣さんも世界の人とつながる素晴らしいお仕事をされている方です。

下田の御出身で海に興味を持たれ、33歳の若さでブルーコーナーを立ち上げられました。そこから様々な苦難に遭われるも、信念に基づいた経営を続けるうちに気がつけば世界中から信頼される会社にまで成長しました。

沼津港深海水族館の館長としては様々なメディアでお馴染みだと思いますが、常に展示に工夫を凝らし、いつ行っても面白い発見があるとのことでした。

質疑応答

講演の後、質疑応答が行われました。

将来自分も魚に関わる仕事がしたいという人や、会社経営の不安にどう立ち向かえばいいのかといった、いろいろな質問の手が上がりました。その度に石垣さんが丁寧に答えてくださいました。