1月5日

2018年最初の全校集会がありました。

校長講話。2年生が修学旅行の後作成した文集を持参し、その中に収録された各生徒の川柳に言及しました。ハワイで経験したことを17文字に込めたものです。異なる文化を体験したからこそ、これらの川柳が生まれたわけで、そういう深い学習の大切さを説きました。

昨年夏より米国・オレゴン州から本校に来ていたケネディ・ヘファナンさんがこの1月に本校での留学を終えるにあたり、全校生徒を前にして見事な日本語で挨拶をしました。このように、外国の人が日本語を習得するスピードで本校の生徒が英語を習得してくれればいいわけですが。彼女の場合、日本に来ることで文化の相違に触れ、これもまた1つの深い学びとなったようです。

進路課長。いよいよ3学期です。全国の高校でよく言われるのは、高校2年生の3学期は「3年0学期」というものです。1年生にとっては「2年0学期」でしょうか。0という数字は漢字で言えば「無」かもしれませんが、数を数える際には「スタート」を意味します。0からスタートするから1が1になるのです。つまり、1学期から物事を始めるのではなく、0学期(この3学期ですね)から始めなさいということです。4月に迎える1学期が0ではなく1になっていればいいですね。

生徒課長。交通事故に気をつけてほしいです。特に自転車で来る人。どうすれば安全に走行できるかを考えましょう。