防災講座

9月13日

各学年に分かれてそれぞれ防災講座が行われました。3年生は体育館で人命救助の基本的な手順を教わりました。

講師は御殿場市・小山町広域行政組合・消防本部から見えた隊員の方々です。

まずは小グループに分かれて説明を受けます。話を聞くだけならなんのことはないのですが。

訓練用のダミー上で実際に心臓マッサージをやってみると、これが案外難しいことを知ります。きちんと脳まで血液を運ぶためにはしっかり押さなければならないし、かといって強すぎると肋骨を損傷します。願わくばこんな場面が実際に訪れないことを祈りながら(?)交代で訓練に励みます。現場でこういうことを実際にやっておられる隊員の皆さんには頭が下がります。

最後に生徒を代表して小林さんが講師の方々にお礼の言葉を述べました。

この地域は地震や噴火などの大災害が想定されており、自分たちの世代にかかる責任を感じる機会になったとのことです。