11月8日

御殿場市民会館で芸術鑑賞教室が行われました。2年前は演劇、昨年は落語ときて今年は音楽です。サウンドジャグラー・ジャズオーケストラのみなさんが来てくださり、本格的なビッグバンドジャズを聴かせていただきました。

学校からみんなでホールに向かいました。足を治療中の生徒も含めて、見事時間までに全員がホールに集合を果たしました。まずは副校長が挨拶。その後図書委員長から鑑賞上のマナーが述べられました。

オーケストラのみなさん、一糸乱れぬ完璧な演奏を披露。

学校行事としての芸術鑑賞に慣れていらっしゃるのか、高校生が疲れを見せ始めるタイミングを見計らったかのように全員を立たせ、ダンスモードに突入しました。

さらにはメンバーが客席通路まで出てきて盛り上げます。

曲目は誰でも一度は聴いたことのあるビッグバンドのスタンダードを数多く選択。曲名は知らなくても出だしを聞いただけで「あ、あれね」という具合です。

それ以外の曲はどちらかというとコアな音楽ファンが大好きなものがたくさんありました。オープニングのジャコ・パストリアス、ブラジルサンバの名曲「トリステーザ」、ハービー・ハンコックなど。ここで耳にしておいてもらえば大人になってから自分で聴いてくれるかもしれないという、「教育的配慮」もあったかもしれません。